民泊 Airbnb 清掃費用を別途設定するか、宿泊費に組み込むか

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
副業解禁の波に上手く乗る方法

会社員の副業解禁が目前に迫っています。正しい知識と情報を知らないと、収入微増で労働時間激増と謎の状態に陥ります。このメルマガでは、会社員向けに様々なビジネスに役立つ情報を毎日お届けしています。

 詳細内容を確認する


スポンサーリンク




こんばんは、井上です。

今日は、清掃費用のお話。

Airbnbは部屋を貸す料金の他に、
別途、清掃費用を設定することができます。

清掃料金は部屋の広さにもよりますが、
だいたい4千円~6千円位が相場になっています。

フル代行で運営されている場合は、
この辺の価格設定は業者任せになるので、
あまり気にすることはありません。

ただ、清掃業者と顧客対応の業者を
別々の場合は、多少面倒ですが、
価格設定の自由度が効くのでコントロール
できるようになります。

私の場合ですが、
基本は、清掃費は全額別設定を基本としています。

なので、
1回の利用で約6000円請求しています。

別途請求の場合、
宿泊期間が短く、少人数利用の場合は、
若干、割高感を感じてしまうんです。

逆に人数が増えて、
宿泊数が3日を超えると割安感が出てきます。

ただ、一般には、
清掃費用は請求しないか、少しだけいただいて
あとは宿泊費に組み込んでいるケースが
ほとんどなんです。

この辺はどちらがいいかは、
ケースバイケースだと思います。
実験的に1月の閑散期が埋まりにくい時期に
清掃費を一気に下げて、
宿泊費に上乗せした時期があります。

6000円を4000円に下げて、
最低宿泊数を2泊に設定。

宿泊料金を+600円、人数追加分を+500円に
したことがあります。

この設定で募集していたのは、
12月の中旬から1月一杯の期間に
予約するかたを対象にしていました。

トータル的な費用は対して変わらないのですが
変更以降は予約の入りが若干良くなったような気がします。

振り返ってみると、
清掃費を抑えた方が予約が
入りやすいのかもしれません。

その方が、ゲスト側からも、
料金が解りやく感じるのかななって思いました。

 

ですから、一つの部屋を使って、
清掃料金の設定を大きく変えてみるパターンを
再度実験しようと思います。

だいたい、一回、2泊4名での利用が多いので
最低宿泊数を2泊以上に設定して、
料金を@500円程度上乗せし、
清掃料金を半額設定にしてみます。

 

これで、予約の入り方がどう変わるか、
確認してみようと思います。

 

 

スポンサーリンク

副業解禁の波に上手く乗る方法

会社員の副業解禁が目前に迫っています。正しい知識と情報を知らないと、収入微増で労働時間激増と謎の状態に陥ります。このメルマガでは、会社員向けに様々なビジネスに役立つ情報を毎日お届けしています。

 詳細内容を確認する





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です