夫婦のセックスレス解消 パートナーをその気にさせる方法


 セックスレス危険度診断を受ける
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
02

 今すぐ確認する



02

 今すぐ購読する

セックスレスを解消するには、やはりお互いが「その気」にならないと始まりません。

片方しか「その気」になっていないため、セックスレスになるワケですから、相手を「その気」にできれば一気にセックスレス解消に進む可能性があります。

今回は、パートナーをその気にさせる方法について考えていきましょう。

お互いの腰回りの
マッサージをし合うのが有効

「お互いの腰回りをマッサージし合うのはお勧めです。

腰回りの血の循環がいいとペニスに血が巡りやすくなり、中折れ予防になります。

男性が勃起しやすく女性が感じやすくなるのは、副交感神経が働いているリラックス状態のとき。

人肌に優しく接すると副交感神経は優位に働くようになるので効果的です」

※ラブライフアドバイザーのOLIVIA氏

 

腰回りのマッサージに加えて、
頭・首・肩へのマッサージをすることで、
仕事や家事に忙殺され脳に集まってしまった血液と気を
生殖器周りにおろすことができるんです。

そうすると、お互いのヤル気を取り戻すことができるので、
実は、セックスレス解消にはかなり有効な手法なんです。

セックスレスに陥ってしまう原因の一つが、
日ごろのスキンシップ不足なので、
マッサージはとても効果的なんですよ。

耳掃除は最強におススメ!
そして意外な効果が・・・・

膝枕で耳掃除は、結婚前はやってもらうことが多かったとしても、
結婚後って、なんか照れくさくて、やらなくなっていませんか?

膝枕での耳掃除は、夫婦間でのイチャイチャに持ち込む
スキンシップ手段としてとても有効なんです。

耳掃除って、実は「疑似セックス」にもなるんです。

耳掃除中には、自然と

『痛くない?』

『奥まで入れても大丈夫?』

『こんなに出たよ』

なんてセリフがでてきますよね。

このセリフって、セックス中の囁きとそっくりなんですよ。

なので、セックスレス状態が続いていて、
今さら誘いずらいという場合に、
耳掃除で色っぽいコミュニケーションをとって、
ブランクを自然に埋めつつ、
誘いづらさを無くすことが可能です。

スキンシップ以外のその気にさせる方法

岩盤浴や温泉で妻の身体をあっためる

男性と異なり女性の身体はとても冷えやすく、
低体温になりがちです。

当然、低体温の状態では、
性欲自体が湧きにくくなっています。

ですから、休日などに、日帰り温泉や夫婦で入れる
岩盤浴などに出かけて、
身体を温めて、血の巡りを良くしましょう。

そうすると、いつもよりムラムラするし、
濡れやすくもなるので、
自宅に帰った後に、上手くスキンシップをとれば、
気持ちが昂り、そのま寝室へと
なだれ込む可能性も高くなります。

出会ったばかりの頃を記憶を触発するデート

付き合いはじめの頃に出かけたデータスポットなどに、
出かけることで、当時のドキドキ感が自然に呼び起こされるんです。

同様に、車の中で、当時流行っていた音楽をかけたり、
昔使っていた香水に戻すなどを同時にすることで、
視覚・聴覚・嗅覚を一気に刺激する方法も有効です。

もちろん、一つづつでも問題ありません。

ベッドインした後も工夫しましょう

お互いの興奮度合を効果的に高めるには、
それぞれの特性をまず理解しておくことが大切です。

男性は基本、視覚で興奮します。

一方、女性は触覚で興奮します。

ですから、暗くしてしまうと、
男性視覚の部分が妨げられてしまうので、
女性に目隠しをして、視覚を奪えば、
視覚・触覚の両方を満たすことができ、
お互いが興奮しやすくなるのでおススメでです。

また、男性をより奮い立たせる方法として、
寝室に大きな鏡をつけるのも有効な手法です。

ただ、いきなり鏡を付けるのも不自然なので、
「服装チェックに便利じゃやない」
と言う感じの理由を付けて、
思いきって設置してしまいましょう。

寝室に鏡を付けることで、
女性がフェラチオをしてくれる顔を見ながら、
後ろの鏡で女性器も観ることができるので、
男性の視覚をモロに刺激することができ、
より興奮させることができるんですよ。

まとめ

こんな感じで、パートナーをその気にさせる方法を、
理解しておくことで、日常生活にこれらの項目を
さりげなく落とし込んでいきましょう。

一足飛びにセックスレス解消にはなりませんが、
少しづつ積み重ねていくことで、
自然と夫婦生活改善への流れに乗って
進んでいきますので、
焦らず着実に進めていくことがコツになります。

まずは、一つでいいので試して、その効果を体験してみましょう。

 

 

質問&相談事項はLINE@からお願いします。

友だち追加


Share Buttons

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です