セックスレス夫婦 夫の行動次第で妻の拒否は激減?


 セックスレス危険度診断を受ける
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
02

 今すぐ確認する



02

 今すぐ購読する

セックスレスを解消するための
夫のとるべき行動

夫婦間のセックスレスの問題は、
思っている以上に実は深刻なものなんです。

互いにセックスに興味がない状況であれば、
さほど大きな問題に進展する可能性は少なくて済みます。

そうでない場合は、
対応せずに放置しておくと、
片方の性欲が満たされない状況が続き、
夫婦間の関係が不安定になってしまします。

結果、浮気等の問題が発生し、
最終的に離婚という結末を迎えることも少なくありません。

今回は、セックスレスの解消を妻に求めるのではなく、
先ずは、夫の側から対処すべき行動についてみていきます。

セックスレスの原因

20130322160701_514c03155fe0c (1)

夫婦間のセックスに満足できない!

これは一番頭の痛い原因です。

ただ、現実として直視しないと、
改善はできません。

実は、良くあることなのですが、
夫の事は愛してはいるが、
セックスの相性が合わなかったり、
満足できなかったりするケースです。

この場合、
妻側は、セックスをする度に、
虚しい気持ちに陥ってしまいます。

子どもを授かりたい!と思っている時は、
相性が悪かったり、満足感が得られなくても、
我慢できると思います。

ただ、
その目的が無くなれば、
必要なくなってしまいますからね。

ですから、
このことはしっかりと認識しておかないとダメなんです。

家事で忙しい

3500c74e3b2ff741d67f4395a6c62570675c580e1373689349

妻の家事労働って、
実は超重労働なのご存知だと思いますが、
夫が思っている以上に大変です。

日本でも主婦の家事労働の価値は
年収に表すと約300万円とも言われています。

欧米の価値観で行くと1200万円とも言われています。

ここで言いたいことは、
それほど価値のある重労働を、
ある意味無償でこなしているという点です。

夫側からすれば、
やって当たり前のことかもしれませんが、
それがかなりの重労働なんですよ。

そんな重労働の後に
セックスなんて気持ちになりにくいのは
ある意味、当然ですよね。

子どもがいるから

Young  father and his daughter having breakfast together

Young father and his daughter having breakfast together

これはある意味、
仕方がない原因ですね。

子どもが小さいうちは、
どうしても子供中心の生活になってしまいます。

場合によっては、
「子供と一緒に寝ていないと、子供が起きてしまう」
「寝る時はそばにいないとダメ」
という考えになるケースもあります。

そうなると、夫とのセックスなど、
ものすごく遠いことになってしまっても仕方がありません。

また、子どもが大きくなればなったで、
子どもが両親がセックスしていることに気づく可能性もあり、
それを妻が嫌がり、
自然とセックスを避ける流れにもなってしまいます。

セックスレス解消に向けた
夫がすべき行動

上記3つのセックスレスの原因をふまえた上で、
夫婦のセックスレス解消に向けて、
夫がまずすべき行動をピックアップしました。

妻のセックスの満足度を高める

cbfe4_844_0d218f8f_7c0e363e-m

セックスの上手い下手って、
そのすごく定性的かつ主観的要素が強いので、
自分が上手いのか下手なのかは
今一つピンときていないことが多いんです。

上手い下手で考えてしまうと、
夫はAVの影響を受けていますから、
おかしな方向に言ってしまうリスクがあります。

ですから、
上手い、下手にフォーカスを当てるのではなくて、
妻をセックスで満足させられたかどうかにフォーカスを当てると、
少なくとも、対応策が見えてきます。

当然、ある日突然、
セックスが激的に上達することはあり得ませんので、
とにかく、妻を満足させるために、
何をすべきかに集中しましょう。

妻は、
何に満足していないのかを考えることが大切です。

おそらく多くの男性が妻とのセックスは
自分本位で済ませていることが多いと思われます。

例えば、
前戯が短かったり、自分が満足(発射)すれば終了で、
すぐ寝てしまうとか・・・・。

セックスの相性を改善することは、
ほぼ不可能ですが、
妻を満足させることは、
夫の行動と態度次第では十分に可能なんですよ。

また、
どうしても満足させられない場合は、
思いきって「大人のおもちゃ」
を導入してみるのも一つの手です。

いきなり持ち出したら、
妻に引かれる可能性も当然にありますが、
夫側が早漏気味で満足させられない場合は、
とても有効な手法でもあるので、
場合によっては導入を検討してみましょう。

家事を積極的かつ自発的に手伝う

1227572290_photo

先に書いた通り、
家事は年収300万円相当の価値がある労働です。

だから、
妻が家事・育児に追われていたら、
当然、セックスなんて余裕がある訳ないですよね。

だから、
妻の家事負担を極力低減できるように、
家事を手伝っていくことが大切です。

ただ、ここで注意しないとダメなことは、
「家事を手伝ってやっている!」という発想。

あくまで、
「大変な妻の家事負担を減らすために自発的にやっている」
という発想じゃないと、逆効果になりますので注意しましょう。

ラブホ利用や昼間のセックスなど非日常を

d9848559f4789dc3_S

子どもが小さい間は、
夫が休みの日の日中、
子どもがお昼寝している間などに
セックスをしてみるのもいいかもしれません。

普段と違う環境なので、
気持ち的にも高まる可能性がありますから、
やってみる価値はあると思います。

いきなり起きるリスクもあるので、
それもスリリングに感じるのでプラスに
作用するかもしれません。

また、
子どもがある程度大きくなっているなら、
夫婦でラブホに出かけるのアリですよ。

ラブホであれば、
気分も高ぶるし、
気兼ねなくセックスに没頭できますから・・・

また、
レスになる前や結婚前の気持ちに戻って、
いい結果に結びつくことも多いですよ。

まとめ

e2805ebecd11f6b7f19d89fb5d8b5f0e

夫婦間のセックスレスはとてもナーバスな問題ですが、
原因を紐解いていくと、
些細な問題が原因になっていることが多いんです。

結婚前はそんなこと無かったのに!
と思うかもしれませんが、
結婚後は、結婚前にはなかった、
育児、家事、一緒にいるストレスなどが
重く妻にのしかかっています。

ですから、その負担を解消できるように、
役割分担を行ったりして、
妻が夫に興味を持たせるような環境づくりが必要なんです。

また、結婚後のセックスは自宅!
と固定化するのではなく、
二人で食事や映画に行った後など、
環境を変えることも考えるのも一つに手になります。

先ずは、妻が拒否する!ってすねるのではなく、
夫側の考えと行動を改めるところから始めましょう。

質問&相談事項はLINE@からお願いします。

友だち追加


Share Buttons

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です