民泊 Airbnb 保健所に呼び出され、色々聞いてみた! 想像以上の行動力だった件

 

 

さて、保健所からの召集令状を受け取り、まんまと連絡をして、保健所に出向くことになりました。

 

すでに撤退を決めていいたので、別に無視してもOKだったのですが、どういう経緯で調査対象になったのか。

あとは、どのように民泊を特定しているのかなどを直接聞いてみようと思い、保健所に行くことにしました。

それと、ここでスルーしたら、今後、大阪で民泊を再開する時に、色々と大変だと思ったのも理由の一つです。

 

現状、民泊をやっていて、合法化して運営を続けようと考えている場合、保健所から通知が来たら、速やかに対応スケジュールをシッカリ練ったうえで、連絡をしましょう。

ただ、連絡後は、認証を受けるまでは、原則、営業ができなくなるので、そのことを理解した上で連絡をいれましょう。

あと、徹底を考えていて、今後、別の場所で合法的に遣ろうと考えている場合は、連絡をしないのも一つの手だと思います。ただし、MAX2か月かな~。

 

いづれにせよ、通知を受け取った時点では、その場所で民泊をしている疑いがある!としか保健所は認知していないので、賃借人の特定までたどり着いていないので、即連絡する必要は、個人的には無いと思います。

しかし、当然、その場所は保健所にマークされている訳ですから、そのまま無許可で続けるのは、得策ではありません。

直ちに個人特定には至らないですが、悪質と判断された場合は、警察が動きだしたりすると、一発で特定されてしまいます。

ですから、保健所から通知が来たら、即対応の必要は無いけれど、MAX2か月以内には必ず対応する必要があると思います。

 

で、実際に保健所に出向いた訳ですが。。。。。

 

スポンサーリンク





呼び出された場所は、大阪市の民泊対応チームの事務所でした。そこは、民泊申請の相談と申請を受け付ける専門の部隊でした。

メインは、申請に対する対応のようでしたが、その一角に、違法民泊の調査チームがいて、その方々に呼び出された感じです。

保健所スタッフ3名VS私1人!の面子で面談になりました。

私自身は、すでに民泊からの撤退を決めて、稼働している民泊はすでにその月の月末にクローズすることが確定していたので、そのことを最初に告げました。

 

そうなると、保健所サイドからすると、そうですか!としか言いようがない状況です。

 

当初は、民泊を一旦中止させ、認可申請に向けての話をしようとしていたようですが・・・・

 

で、結構、時間をかけて、わざわざ出向いたので、色々と保健所の人に聞いてみたんです。

 

なんで民泊やっているってなったんですか?と。

 

 

すると、住人の方からの苦情!だったようです。

 

で、その時は調査対象となる物件は、近隣住人からの苦情連絡がきっかけだとおっしゃっていました。

 

苦情が入ったら、即現地調査で、苦情が入った部屋までやってくるんです。

 

そして、直接、部屋にはアプローチせず、色々と調べたり、住人の方に聞き込みをしたりしたうえで、明らかに民泊をやっているであろうと思われるところに通知を入れていたようです。
※今はどうかは、分かりませんが当時はそんな感じでした。

 

やっぱり、どんなに静かにしてください!って注意喚起を促しても、旅行に来ている訳ですからテンションも上がっているでしょうし、そもそも文化も価値観も違うわけですから、土台無理な話なんですよね。

 

なので、住人からの苦情が調査対象にする一番のきっかけとなると、一般居住者のいる建物での無許可の民泊って、事実上継続は無理だというのが私の結論でした。

 

で、そのほかにも、どんな調査をしているのかを、聞いてみたのですが、やっぱり教えてはくれませんでした。

 

ただ、今後も、指導を強化していくと言ってましたから、指導されるホストも増えてくるんじゃないかと思います。

 

一通り、話をした後に、大阪市からの改善指導の書類に署名捺印を行い、今後、無許可で民泊営業を行わない旨の誓約書にサインをして、面談は終了しました。

 

 

大阪の場合は、特区民泊の制度が使えるので、正攻法でしっかりと認可をとって運営すれば、収支が合わないことはないと思います。ただ、特区以外の地域は、180日の制限が適用されるので、言うほど儲からないと思います。

実際、今までがイレギュラーであって、グレーだったが故に、収益性も高かったと思うんです。

それが、ホワイトになれば、それなりの費用負担も発生するし、苦情対応もしなければならないので、サラリーマンが片手間の副業ってノリでは、今後は無理だというのが結論です。

 

保健所サイドの話を聞いていたら、賃貸でやるなら、それこそ、1棟丸々借り上げて民泊をするとかじゃないと、住人からのクレームは防ぎきれないと思います。

 

今から新規で民泊への参入は正直、おススメしません。代行業者の口車に乗らないように注意しましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です