民泊 Airbnb 保健所からの連絡が来たら先ずすべきこと!

スポンサーリンク

 

 

さて、前回は保健所から連絡が来た!そして、すぐに連絡したのは失敗だった!というお話をしました。

 

たまたま、設備の不具合を直しに、部屋に出向いたら、悪魔の通知が来ていた訳です。

しかも、投函されて、1か月ちょい経過している・・・・

 

実際、保健所からの通知を受け取ったら、最終的には必ず連絡すべきと考えます。

 

ただ、私の場合は、即連絡を返してしまったのが、大失敗でした。

 

まず。大前提として、保健所から通知を受け取ってしまったら、選択肢は2つしかありません。

 

1.簡易宿泊所対応にして合法化、特区の場合は特区民泊化

2.撤退

 

私の場合は、特区民泊適応に向けて準備をしていたので、通知を受け取った時点での対応は当然1でした。

 

特区民泊の説明会にも出たし、消防、ゴミも準備を進めている。なんとか年度内に申請・承認はイケそうだ!って状況でした。

 

大阪での特区民泊がスタートしたのが、10月。3月までの半年間は移行期的な位置づけだと勝手に思い込んでいました。

 

なので、保健所に連絡しても何ら問題ないと・・・・・・

 

でも、それが大きな間違いでした。

 

 

通知を受け取った、その日に、掲載されている電話番号に連絡を入れました。

 

そして、状況を説明して、現状、特区申請に向けて準備が進んでいて、1~2週にうちに申請できそうです!と・・・・

 

当然、私の頭の中では、営業しながら申請をする考えでした。

※移行期だから、すでに営業中の場所に関しては移行措置があるだろうと、思っていたのですが、それがそもそもの間違いでした!

スポンサーリンク





結論から言うと、事情がどうあれ、直ちに営業を中止してください。との回答でした。

そして、特区申請をいただく場合は、一旦、営業を中止した上で、申請をしてください。営業を続ける限り、申請は一切受け付けられませんとの回答。

 

おおおおおっ、マジか!

 

タイミング的には、2月の頭。

 

3月からは春のピーク突入で、3月4月はそこそこ予約が入ってきている状況。

 

このまま、スルーして4月末まで営業をしたい!でも、その部屋で民泊をやっていることが、行政に認知されてしまった!

 

そうなると、このままスルーで営業を続けるのは非常にリスクが高い!って考えたんです。

 

で、保健所からは、一旦、お話をしたいので、来所してくださいとの案内。

 

そこで、色々お話をお伺いした上で、特区民泊の申請について検討しましょう!と言われました。

 

もう、この時点で、民泊継続なら特区申請は当然必須。で、無許可営業を認知されてしまったので、営業を続けながらの特区申請はほぼ不可能。

 

でもって、申請期間中営業を止めて、認可後に営業再開となると、最短でも2か月は営業を止めないといけない。

 

つまり、2か月の空家賃が発生してしまう訳です。

 

で、2か月経過後は5月中旬からの閑散期に突入で、繁忙期になるのが7月ですから、実質3か月赤字に転落することがほぼ確定でした。

 

もちろん、3か月赤字であっても、乗り切れる状況でもありましたが、私自身が独立起業ってタイミングだったんです。

 

なので、極力キャッシュアウトは避けたい!って状況だったんです。

 

それと、やっぱり不確定な要素が大きすぎるのと、特区化により現状よりも収益性がダウンすることも、ある程度見えていたので、ここは一旦撤退がベストだと判断して、2月末で撤退をする意思決定を行いました。
 

で、保健所の職員との打ち合わせの日時を決めて、後日、保健所に出向くことにしました。

 

まず、保健所から通知を受け取ったら、すぐには連絡をせず、情報収集をキッチリと行います。

通知を受け取った時点では、その部屋を運営している人の特定までには至っていません。

その部屋で民泊が行われている可能性が高い!という認知です。

 

当然、昨今の個人情報保護の関連から、警察の捜査が入らない限りは、管理会社も賃借人の個人情報を明かすことはしません。

 

ですから、即連絡を避けて、継続か撤退かの判断を行い、それに向けたスケジュールを組み立てていくのがベストです。

 

なので、通知を受けっとって脊髄反射的に連絡をするのは絶対に避けるんべきです。

 

すべての段取りが決まった上で、許可申請をするのであれば、保健所に連絡。

撤退するのであれば、とりあえずスルーして、2か月以内に撤退を完了させる。

 

このような対応がベストじゃないかと思います。ただ、この辺は状況が随時変わっていくのでなんとも言えませんが・・・・

 

少なくとも、先方に民泊運営を認知し確定されたら、営業停止後の申請がデフォになるので、その申請のために営業停止を6月、9月、1月、2月にハマるように段取りをするのが良いんじゃないかと思います。

 

で、実際の所、撤退を決めたので、わざわざ保健所に出向く必要はないのですが、あえて行って話を聞いてきました!

次回は、保健所で聞いたお話をシェアしようと思います。

なめてたらマジでヤバそうな感じでした!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です