民泊 Airbnb ついに新宿でも摘発事例が・・・ 継続か撤退か

ここの所、
各地で民泊に関連する動きが
色々と明らかになってきました。

ついに、
ある意味民泊のメッカである新宿でも
行政指導がはじまったようです。
%url2%(http://airstair.jp/shinjuku-40/)

民泊特区ですでに条例を施行済の
太田区、大阪府、大阪市以外は、
原則として、まだ旅館業法の適応を
うけることになっています。

以前は、グレーゾーンという感じで
ある意味、黙認状態でしたが、
ここにきて旅館業法を根拠に
指導する流れになってきているようです。

現況、旅館業法の規程に則って
民泊を実施する場合は、
簡易宿泊所で許可を取らないと
ダメなんです。

なので、特区民泊よりも
ハードルは高くなっています。

ただ、先日からお伝えしている通り、
民泊新法が導入されたとしても
消防法がネックになります。

いづれにせよ、
合法状況で民泊を運営する場合は、
現状よりもコスト増になってしまいます。

コストが上がるということは・・・・

現状、フル代行利用だと、
徐々に利益が減ってきている傾向にあるようです。

そりゃ~売り上げの20~30%を手数料で
取られたら、なかなか利益が残らない
状況に陥ってしまうのが普通です。

ですから、
最近は撤退するホストさんも
結構多かったりします。

譲渡案件もチョイチョイでてきてますし、
備品や家具類の話もありますからね。

それこそ、上手くやれば、
低コストで参入することも
できるかもしれません。

まあ、やるとすれば、
当然、合法化が原則ですが・・・

行政指導の事例が増えてくれば、
確実に無許可のリストティングは
減ってくると思います。

そうなれば、
需給バランスがとれるようになり、
今のような価格競争は
ひと段落つくように思います。

あと、今後新規で民泊を
始める場合は、
分譲マンションは絶対に避けないと
ダメですね。

100歩譲って投資目的の分譲ならアリですが
居住メインの分譲マンションは
候補から外した方が安心です。

理由は、申請の際に、
管理規約で民泊が認められていること、
もしくは、管理組合が同意していることの
書面が必要になってきます。

もちろん、民泊ウェルカム!って
所なら問題ないのですが、
今までのメディアの報道で
どうも民泊はネガティブなイメージが
付き過ぎているので、
同意を取り付けるのは、
なかなか難しいんじゃないかと思います。

資産価値が・・・・・

とか

見知らぬ外国人が出入りするのは・・・・・

とか、いう人が多いですからね。

ですから、
民泊を始めるなら、
ワンオーナーの賃貸マンションか
一軒家がベストになると思います。

民泊の合法対応ということを考えると、
賃貸で始める場合は、

・ローケーション(駅からの距離・解かりやすさ)

・オーナーの許可(管理組合の許可)

いままでの2つの条件に加えて、

・消防設備の確認

・ごみ捨て場の確認

も必要になってきます。

ますますハードルが高くなるじゃん!

って感じですが、
面倒なことはみんなやりたがらないので
そこさえ超えてしまえば、
それなりのリターンが間違いなくあると思います。

おそらく、
最近の流れでみると、
今後、行政による指導は
ますます強化されていきます。

そうなれば、
メディアも

「無許可民泊 行政指導で●件 中止命令」

もしくは、「●人 書類送検」的な

報道をしてくると思います。

そんな報道を見ても、
無許可で続ける根性のある人って
少ないと思うので、
撤退する人も増えてくるんじゃないかと思います。

合法化に向けて、
色々と調べて動き出しましたが、
手続きや許可などの面倒ごとが多いだけで、
決して無理難題ではありませんから
正しい情報をゲットして行動すれば、
問題ないと思いました。

雰囲気的に、
特区エリアでは徐々に指導が
増えていくことは間違いないので、
合法化か撤退の判断は、
遅くても年内には結論を出して、
3月末までに対応を完了する
必要があると思っています。

いづれにせよ、
合法化に向けて動きますので、
その際にゲットした情報は、
このメルマガで適宜シェアさせていただきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です