民泊 Airbnb 潮目が変わってきたAirbnb 今後どう対応するか

おはようございます。井上です。

エアビーも2年目に突入しました。

当初は5部屋運用するぞ!って息をまいていましたが・・・・

現実はなかなか厳しく、
今月、ミナミの部屋をクローズしました!

今年の2月にオープンした部屋でしたが、
あの手、この手を尽くしましたが、
なかなか改善できない状況が続いていました。

この部屋を契約したのが、
昨年の12月だったんです。

当時は、8月9月にオープンした部屋の利益が
毎月、倍々ゲームで増えていたタイミングでした。

手持ちの資金も増えてきたし、
好立地かつ需要の高いミナミ地域への
進出を急いでいたんですよ。

で、たまたまJR難波駅(OCAT)から
徒歩圏内でかつ、広さもそこそこある物件が
出てきたので、
キターーーーーー!と即契約!

最初の二部屋は、
コストを極力抑えて開設したので、
今回は資金もあるし・・・・・

インテリアにも結構、
お金を突っ込んじゃいました。。。。

当初は、ボチボチ稼働して、
利益は出ていたのですが、
5月から予約がパッタリと途絶えてしまい・・・・

6月、7月の2か月はほぼ未稼働!

夏の繁忙期が全然ダメで、
新大阪の二部屋の利益を食いつぶす状況に
追い込まれてしまいました。

で、8月からはFacebook広告を回して、
それなりに集客できましたが、
ほぼ固定費トントン位の状況。

9月の稼働状況を見て、
先月半ばに10末で撤退を決めました。

ある意味、勢いは必要ですが、
今振り返れば、冷静さを欠いていたなって思います。

今回撤退した部屋単体で見ると、
約160万円の損失になりました!

もちろん、
この金額は新大阪の二部屋が稼ぎだした
利益でまかなえていますが、
やはり、勉強費用とはいえ、かなり痛いです!

11月からは当初の2部屋体勢に戻り、
予約もいい感じで入り始めているので、
収益的には安定してくると思います。

あっ、退去した部屋のベット等の家具は
新大阪の部屋へ移設したので、
結果、部屋がリニューアルできたのは
良かったかもしれません。

当面は、2部屋体勢で進めていく予定で、
合法化に向けて準備を進めています。

この手続きも、意外に大変で・・・・

リアルに参入障壁が高いと感じました。

恐らく許可申請する人は、
かなり少なくなるんじゃないかなって、
予測しています。

ただ、特区民泊のスタート後は、
無許可民泊の取り締まりも強化されることは
想像に難くないので、
追加の投資は必要になりますが、
許可を取るのは必須だと思います。

ちなみに、先日大阪市の説明会に行ってきました。

多分、申請の際にネックになるのは
消防法関連だと思います。

消防関連は、
再来週に消防署に相談に行ってくるので
詳しい話が分かったら、シェアしますね。

そういえば、
防火管理者の資格証どこやっただろうか・・・・

まさか、ここに来て、
防火管理者の資格が活きてくるとは思わなかった!!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です